今すぐ(今日中に)5万円必要!すぐに借りられる5つのおすすめ方法がある

5万円が必要、それも今すぐ(今日中)とか明日までに、といわれたらどうしましょう。預貯金がないなら借りるか稼ぐしかありません。

今すぐに5万円を借りる方法・明日までに5万円稼ぐ方法を探すと、いろいろ見つかりました。中にはやってはいけない方法もあります。

それも含めて、5万円の緊急調達方法を紹介していきます。

Contents

5万円なら大手消費者金融のカードローンで今すぐ融資可能

個人が今すぐ5万円のお金を借りたいと思っても、銀行などの金融機関ではどこへ行ってもすぐは無理。ここは個人融資が専門の消費者金融の出番です。

今すぐ5万円貸してと頼んで「ハイどうぞ」と応じてくれるのは、大手の消費者金融のカードローンぐらいでしょう。

銀行にもカードローンはありますが、今すぐの要望には対応できません。

消費者金融のカードローンがすぐ利用できるのは、審査スピードが速いことが一番の理由です。それと、必要書類の提出などが、web上でできることもあります。

こういった独自の方法をとれることが、即日融資ができる理由なのです。

大手消費者金融のカードローンの特長をまとめてみた

すぐに5万円が借りられるカードローンは、各社それぞれ違いがあります。どう違うのか、融資条件などの特長をまとめました。

項目 プロミス アコム SMBCモビット
最短審査時間 30分 30分 30分
融資まで最短 1時間 1時間 即日
借入可能額 500万円 800万円 800万円
利息(年率) 4.5~17.8% 3~18% 3~18%
10万円の利率 17.80% 18% 18%
在籍確認電話 あり 相談可能 なし
web完結 可能 可能 可能
収入証明書 50万超必要 50万超必要 必要
金利ゼロサービス 初回30日 初回30日 なし

大手3社のカードローン利用条件一覧です。どこも即日融資が可能なので、5万円を今すぐに借りることができます。

借入限度は500~800万円で差はあります。でも、そもそも消費者金融で高額の借り入れはあまりしないので、500万円あれば十分でしょう。

利息は借入れが低額ほど高くなります。5万円の借入れではどことも最高利率が適用され、プロミスが最安の17.8%でした。

金利ゼロサービスは、プロミスとアコムで設定されます。さらに、プロミスでは独自のサービス・三井住友VISAプリペイドに最大2,000円チャージされます。

利率やサービスを比べると、プロミスが一番使いやすそうな印象でした。

\私はプロミスで借りました!/
プロミス公式サイト

※Web申し込みなら来店不要!

5万円が必要なら消費者金融カードローンがベストな理由

今すぐとか明日までに5万円が必要なら、大手の消費者金融が発行するカードローンの利用がベストです。

担保や保証人など面倒なことがいらないのが一番ですが、他にも理由はいろいろあります。

5万円程度なら多少緩い条件で積極的に貸してもらえる

消費者金融で5~10万円の低額融資は、比較的緩やかな審査で積極的に貸し出します。パートなど、非正規の職業でもあまり問題にはしません。

少額なら返済しやすく、焦げ付きにくいことがその理由です。

金利は各社とも最高ランクの18%程度で、高いという印象です。でも、実際に払う金額は、5万円を1ヵ月借りて約740円、10万円でも1,480円程度です。

これくらいなら、そう抵抗はないでしょう。貸す側も、件数さえ確保すれば利益が出るので、積極的に勧める傾向があるようです。

無利息期間があるので早く返せば利息の支払いはゼロ

大手各社は初回利用者に限定して、無利息の期間を設けています。30日に設定しているところが多く、この期間は利息が付きません。

なので、5万円を借りた利用者が30日以内に返済した場合、返済は5万円で済みます

この制度、消費者金融が初めての人によくある罪悪感・抵抗感をやわらげるのが狙いでしょう。

大手消費者金融のうち、MSBCモビットだけはこの無利息期間の設定がありません。また、中堅の消費者金融でも、無利息期間の設定が増えてきました。

今すぐ借りるのは1万円からOK@金額は自由に設定

カードローンで借りられるのは1万円からです。申し込み時に決めた範囲内で、必要なだけのお金を借りることができます。

余分な借金を増やしたくない人、足りない分だけ借りたい人に向く方法でしょう。範囲に余裕があれば、追加で借り増しすることも可能です。

借りた額が少なければ利息も少なくできるので、自分の意思で返済の負担が軽減できる方法です。

会社や家族の誰にも知られずにお金を借りられる

通常のカードローンを利用すると、家に契約書やカードが送られてきます。これを家族に見られたら、お金を借りたことがわかってしまいます。

家族に知られずにすませるには、手続きをwebで完結させることです。

大手の消費者金融各社とも、ネット上で手続を完了させてカードレスで融資する方法を選択できます。そうすれば、家族に知られずにお金を借りられます。

また、会社には在籍確認の電話が入りますが、個人名の電話なので消費者金融とはわかりません。申し入れすれば、電話から書類審査に変えられるところもあります。

最短1時間で融資契約できるから即日融資が可能

消費者金融大手のカードローンは、ほとんどが最短30分で審査を終えて即日融資が可能です。

少額の5万円なら延滞リスクも少ないので、審査も順調に進むでしょう。

一方、銀行のカードローンでは審査が厳格化され、結果判明は翌日になります。なので、即日融資は望めません。

種類 審査時間 融資時間 即日融資
消費者金融
カードローン
最短30分 最短1時間 可能
銀行カードローン 最短翌日 最短2日目 不可能

今すぐとか、明日までに5万円を何とか融資してくれるのは、消費者金融のカードローンだけになります。

ただし、すでに複数の融資を受けていたりすると、審査時間は長引きます。申し込み時間が夜遅い場合は、即日融資にならない可能性もあります。

他で借入れがある場合は、早めに申し込みを始めましょう。

5万円を今すぐ借りる時に必要な証明書類はこれだけ

消費者金融で5万円を借りる場合、審査に必要な書類は身分証明書だけです。返済できるだけの収入を証明する書類は、50万円以下の融資では不要です。

身分証明書に使えるのは、顔写真付きの書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

このどれか1点でOKです。画像を送ると提出完了になります。

上記がない人は、写真なしの書類が2点で代用できます。

  • 健康保険証
  • 個人番号通知カード
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 納税証明書
  • 公共料金領収書

このうちの2点が必要になります。有効期限があるものは期限内。日付があるものは最新のもの、発行から1ヵ月以内のものが使えます。
※書類の必要数は各社で多少の違いがあります。

中小消費者金融のカードローンは審査が通りやすいかも

融資の審査は、大手で落ちた人でも中小なら通るといわれます。それは、審査が甘いのではなく、重視するポイントの違いによるものです。

大手では一定の条件に当てはまるかどうかで、コンピュータが機械的に選別します。

ところが中小では人の目と頭で柔軟に考えて、現状で返済能力が十分あると認められれば通ります。過去の事故歴などは、あまり重視しません

その結果、例えば5年前に金融事故があった人が、大手では落ちて中小では借りられたということもできてきます。

中小は悪い部分を見逃がしているわけではなく、総合的に判断するということです。

中小消費者金融でも審査が通らない点は2つ

中小の消費者金融でも見るべきポイントは押さえているので、審査が通らないポイントは大手でも中小でも同じです。

消費者金融では、収入の三分の一までしか融資できない「総量規制」があります

これは大小を問わずチェックされ、超えた場合は5万円といえども借りることはできません。

また、本当に職業についているかを確認するため、会社に電話して確認する「在籍確認」は必ず実施されます。確認できない人には、まず融資はされません。

中小消費者金融で今すぐ5万円が借りられるところ

中小消費者金融で、今すぐ5万円を借りられるところをいくつか挙げておきます。

  • セントラル…14時までの審査完了でカード・振込で即日融資
  • ノーローン…12時30分までの審査完了で即日振込
  • いつも…ネットで申し込み、審査後最短で即日振込
  • プログレス…14時までの審査完了で即日振込
  • AZ…18時までの審査完了で即日振込

中小の消費者金融では、カードローン自体があまり普及していません。

なので、今すぐに5万円の融資となると、振込が主流です。窓口への振込依頼が必要なので、早い時間に審査まで済ませる必要があります

5万円今すぐ借りる@銀行カードローンのメリットデメリット

今度は銀行カードローンをチェックします。普及率は高いんですが、長所短所をはっきり知っておきましょう。

銀行カードローンで5万円を借りるメリットは低金利

お金を借りるときのメリットで、一番いいのは安く借りられることしょう。5万円という小口の融資は、どこで借りても最も高い利率になってしまいます。

銀行のカードローンでは、みずほ銀行が14%、他は14.5%がほとんどです。一方消費者金融では大部分が18%で、中には20%という法的限界もありました。

5万円を30日借りた場合、利息は14.5%の銀行カードローンで596円です。18%の消費者金融では739円になり、143円の差があります。

缶コーヒー程度の差ですが、長期間で少しずつ返済するほどこの差が大きくなり、銀行のほうが有利ということになります。

銀行カードローンで5万円を借りるデメリットは明日融資

銀行で5万円借りるデメリットは、すぐには貸してもらえないことです。申し込んで融資が実行されるのは、早くて翌日になります。

これは、借り過ぎや暴力団との取引という弊害防止のため、意図的に即日の審査をしないからです。
参考元:https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF14H07_U7A910C1MM8000/

その点、消費者金融の大手は全部、中小でも即日審査ができるところがかなり増えています。ただし、中小でカードローンは少数派ではあります。

今すぐ5万円が必要なときには、銀行のカードローンでは対応できないのです。デメリット以前の問題で、比較の対象にもなりません。

今すぐ5万円必要なら消費者金融@明日までなら銀行カード

今すぐ5万円が必要な時は、消費者金融から即日借入れを利用しましょう。Webで申し込んで、カードローンでも振込みでもその日のうちに借りられます。

審査時間が圧倒的に短いのが消費者金融です。申し込みから最短1時間で審査が終わり、契約・融資が即日可能です。

もし、明日までなど多少の余裕があれば、金利が安い銀行のカードローンが選択肢に入ります。

返済を長期にしたいとか多めに借りる場合は、銀行のカードローンの低金利のメリットが大きくなるでしょう。

信用金庫でもカードローンで5万円借りられる

少し地味ですが、地元密着の金融機関・信用金庫でもカードローンが利用できます。利用するには最低1,000円程度を出資して、会員になる必要があります。

利息は5万円なら14%前後と、銀行と同等かそれ以下の安いレベルです。主婦やパート、アルバイトでも歓迎で、審査が通りやすい傾向もメリットになります。

デメリットは、その審査が「今すぐ」には対応できないことです。また、利用できる人がその地域に住むか、職場がある人に限られることもデメリットでしょう。

今すぐ5万円借りる手続きで絶対やってはいけないこと

5万円を借りるとき、一つ間違えると目的の5万円が逃げてしまうことがあります。注意すべき大切なことを、いくつか挙げておきます。

連絡先の電話番号に固定電話の番号を書く

カードローンの審査では、本人に確認・問い合わせすることがあります。固定電話が連絡先だと、外出時などに連絡が取れずに審査が止まることもあり得ます。

すぐに応答できるよう、連絡先は携帯電話の番号を指定しましょう。

審査の書類にウソの情報を書き込む

審査に通りたい一心で、年収や職業をよく見せようと嘘をついてもバレるものです。

お金を借りるには信用されなくてはいけません。相手に不信感、違和感を持たれないように、審査には誠意をもって臨むことです。

手続き中に焦って間違ったことを入力する

早く5万円を入手しようと、あわてて入力するのは間違いのもと。見慣れない画面なので、平静な気持ちでないと間違いが起こりやすくなります。

入力ミスがあると審査にも悪影響が出ます。落ち着いて、送信前の確認ボタンも慎重に押してください。

一度に複数のローンを申し込む

どうしても5万円がほしくて、失敗しないようにいくつものカードローンを申し込む人もいるでしょう。でも、申し込みという行為も信用情報の一つです。

申し込み履歴も信用情報の共有機関に残り、照会すればそれが見られます。何件も借入れをするつもりと見られ、それが審査に不利に働くかもしれません。

借入限度額の設定を多めにする

必要なのは5万円なのに、余裕を持たせて10万円を希望することもあるでしょう。そうすると、それだけで審査の厳しさが増す恐れがあります。

そもそも余分な借金を増やすことはありません。必要な額だけ借りることです。

カードローン以外で今日中に5万円を入手する方法8選!

消費者金融のカードローンなら今日中に5万円は大丈夫です。でも、それ以外にも5万円を今すぐ手にする方法を知っておくと、安心できます。

①質屋へ金目の物を持ち込んで5万円で売るか借りる

質屋は鎌倉時代からある現金の調達方法です。高級な時計やバッグなど、価値が高いものがあれば、簡単に5万円ぐらいは作れる可能性はあります。

ただ、換金率は鑑定額の6~7割ともいわれます。身辺の不要雑貨を売っても5万円には届きにくいので、質屋は他の手段との合わせ技として考えましょう。

②知人・親兄弟を頼って5万円借りる

手っ取り早くて簡単みたいですが、信頼関係にヒビが入らないように返済だけはきちんとすることです。

親しい間柄の知人はもちろん、親兄弟にも借用証を書くべきです。それが自分に対する戒めにもなるでしょう。

③ネットオークション・フリマへ出品して5万円稼ぐ

ネット上のオークションサイトやフリーマーケットで、不要品を売って5万円稼ぐ方法です。売れたら稼げるという、運次第みたいな部分はあります。

意外な高値で売れることもあれば、売れずに手数料だけ払って損するかもしれません。売れなかった時の代案を考えておかないと危険です。

④ポイントサイトでポイントを5万円分集めて換金

ネット上のポイントサイトに登録して、資料請求や見積もりなどの課題をこなします。それでもらえるポイントをためておき、現金に換金して5万円稼ぎます。

1回でもらえるポイントは50円~数百円なので、今すぐ5万円とはいきません。でも、コツコツやれば月に3~5万円稼ぐ人もいるようです。

⑤クレジットカードのキャッシング枠で5万円借りる

クレジットカードを持っている人は、契約時に設定したキャッシングの限度内で今すぐ5万円を借りられます

返済は翌月の一括払いか分割払いを選択できます。キャッシュカード感覚でATMからお金が入手できるので、借金の意識が薄れるのが難点です。

⑥車を売って5万円を入手する

都市部に住んでいて車があってもあまり乗らず、維持費がもったいない。そんな人は思い切って売ってしまうと楽になるかもしれません。

車にもよりますが、かなり古くても5万円ぐらいにはなるでしょう。長期的にも保険や税金、車検費用が月1~2万円浮くし、事故の心配もなくなります。

⑦日払いアルバイトで5万円稼ぐ

働いて稼ぐという、真っ当な金策の方法です。日払いのバイト代は即日もらえるので、働いた分は確実に稼げます。

ただし、1日で5万円稼ぐのは簡単ではありません。徹夜勤務、夜間の肉体労働、イベントなど単価が高い仕事が見つかれば、何とかなるかもしれません。

⑧治験に参加して5万円稼ぐ

治験とは、医薬品や化粧品の人体実験に参加することです。新しい薬などを飲んで、効果や副作用が出てくる様子を観察する実験台になります。

ある種のリスクを伴うものなので、報酬も高くなります。試験によって大きく違いますが、医薬品で10万~30万円といった金額が期待できます。

補助金や給付金が出る制度を利用すればお金を生み出せる

借金はしたくないし売るものもないという人は、自治体や国からの援助制度を利用する方法もあります。

具体的には直接的な給付金、低利貸付や、間接的な負担軽減措置です。どれを利用するにしても、時間がかかるのが共通しています。

失業中の人向けの失業給付金・求職者支援制度を利用

失業・求職中で、雇用保険に加入していれば失業給付金が受給できます。年齢や勤続年数、失業理由で給付期間は変わりますが、最短で3ヵ月は受給できます。

金額は、退職前6ヵ月間の平均給与の5~8割が目安です。

また、再就職のための職業訓練を受講する人は、職業訓練受講手当が月10万円と、訓練通所費の実費が支給されます。

消費者金融の代わりになる生活福祉資金貸付制度

収入が少なく、銀行や消費者金融の融資審査が通らない人には、国が融資する制度が利用できます。

対象は低所得者、高齢者、障碍者などで、利用目的により細かく区分されています。最少額は10万円の緊急資金(無利息)から、最高は580万円まで借りられます。

この制度は、条件や審査が非常に面倒で時間もかかります。最短の緊急融資でも1週間、その他は最短でも1ヵ月かかり、急ぐ場合は頼れません。
参考元:https://www.tcsw.tvac.or.jp/activity/kasituke.html

高齢者向けには年金担保貸付融資制度

現在のところ唯一の、年金を担保にできる貸付金です。突然の冠婚葬祭や医療費など使い道は自由なので、役所版フリーローンといえる制度です。

金額は10万円~200万円までですが、生活用品の購入に限り80万円が限度です。利率は2.8%と、民間のフリーローンではあり得ない低利になっています。

利用できるのは公的年金の受給者です。年金は貸主の「福祉医療機構」に支払われ、支給額から返済額を差し引いた残りが利用者に渡される形をとります。
参考元:https://www.wam.go.jp/hp/nenkin-nenkin-tabid-263/

子どもの学資限定の教育一般貸付(教育ローン)制度

教育ローンは金融機関でも低い利率で扱いますが、国営の教育ローンはさらに低金利で返済期間が15年と長いのが特長です。

融資対象は高校生以上の子供がいる保護者で、上限は350万円、利率は1.66%です。母子・父子家庭、低所得家庭では1.26%まで下がります。(利率は変動)

融資額が少ないのが難点ですが、足りない分は民間の教育ローン併用や奨学金で乗り切れるでしょう。
参考元:https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

特定優良賃貸住宅供給促進制度で家賃負担を軽減できる

一定以上の品質を持つ住宅を住宅供給公社が借り上げ、または直接建設・運営する制度で、良質な住宅を増やすのが目的です。

入居時の仲介料・礼金・更新料などが不要で、一時的な出費が抑えられます。家賃にも補助があるので、同程度の民間住宅より安い家賃で入居できます

住居費が抑えられ、生活資金が不足している人の間接的な援助につながります。

5万円が今すぐ必要でも絶対にしてはいけない調達方法

今すぐ必要な5万円が簡単に入手できる方法には、危険なものが潜んでいます。話に乗ると損をする、絶対にやってはいけないお金の作り方を紹介します。

クレジットカードのショッピング枠を現金化

ショッピング枠の現金化とは、設定したショッピング枠を手数料を払って現金と交換する方法です。方法はいろいろあり、ネット上に広告が並びます。

とりあえず欲しい現金は入手できますが、カード決済時には使った枠全額の現金が必要になります。債務を増やすだけなので、決しておすすめできません

カード会社は現金化を禁止していて、バレたらペナルティが待っています。
参考元:https://www.j-credit.or.jp/customer/attention/attention_05.html#area0201

個人間融資で必要な5万円を借りる

個人でお金を貸す広告が、web上ではいくらでも見つかります。どんな人間なのかは全くわかりません。闇金や半グレ、反社会的な集団も混ざるでしょう。

貸金業の営業には登録が必要で、個人融資は明らかに違法です。お金が入るかどうかさえ怪しいもので、関わらないほうがいいのははっきりしています。

闇金から5万円を借りる

闇金は登録外の貸金業者で、もともと違法な存在です。法的な規制は問題にせず、消費者金融の審査に通らない人から徹底的にお金を吸い上げます。

目印は貸金業の登録番号か、固定電話です。これがないのは間違いなく闇金でしょう。関わると今よりもっと困った状況になるので、絶対利用してはいけません

日当が異常に高いアルバイトで5万円を稼ぐ

即金・高収入につられて応募すると、逮捕されたりする違法バイトかもしれません。今すぐ5万円もらえるバイトでは、次のような仕事が考えられます。

  • 口座・名義売買
  • 運び屋
  • 掛け子・出し子・受け子

こんなバイトで5万円都合しても、逮捕されては割に合いません。1日で5万円などという高単価すぎるバイトには、手を出してはいけません。

まとめ・今すぐ5万円が必要なら大手消費者金融が安全安心

今すぐ(明日まで)に5万円を用意する方法を検討しました。1日で稼ぐことは、どんな方法でもまず不可能でした。稼げるのは最後の違法バイトぐらいです。

借りるとして、役所や銀行のカードローンは安全でも今すぐは無理です。だったら消費者金融が確実でしょう。

中小の消費者金融なら、審査が通りやすいというメリットがあります。でも、休日や夜間の対応はほとんど無理でした。

となると、大手の消費者金融のカードローンが最適です。手続きはwebで最短即日に完結でき、自動契約機やATMで年中無休、24時間引き出せます。

そして、目を引くのがプロミスなどの30日の無利息期間です。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

5万円なら、利息なしで返済も可能でしょう。

気軽に借りられて安全なのが、何よりも魅力的です。

\私はプロミスで借りました!/
プロミス公式サイト

※Web申し込みなら来店不要!